背広の人

投資に挑戦したいなら手ごろなみんなで大家さんに決まり

賃貸保証その仕組みは

積み木と紙幣

そもそも賃貸保証とは

賃貸保証とは賃貸保証会社が提供するサービスで、賃貸物件を借りる際に必要となる連帯保証人に、保証料を支払うことによって賃貸保証会社がその連帯保証人になってくれるというものです。賃貸住宅を借りる際には連帯保証人を必ず用意しなければなりませんが、現実として連帯保証人になってくれる人を見つけるのは難しく、もっとも高いハードルとも言えるものですが、それらをお金で代行してくれるのが賃貸保証会社の役割になります。借りる側からすれば保証料を支払うだけで連帯保証人を得られるというメリットがあり、また貸す側にとっても連帯保証人が賃貸保証会社ですので、家賃滞納時の対応がしやすといったメリットがあります。このため賃貸物件によっては、連帯保証人を見つけられても賃貸保証会社への加入を義務付けるようなところもあります。賃貸保証会社を利用するには、まずは貸す側が賃貸保証会社を認めるかどうかがポイントです。貸す側が賃貸保証会社の利用を拒否した場合や、業者を指定する場合にはそれに従わなければなりません。多くの場合には貸す側が賃貸保証会社を指定することになります。理由としては、滞納した際の手続きが知らない業者よりも知っている業者の方がし易いといったメリットがあるためです。一方で利用する側も無条件で利用できるわけではなく審査が行われ問題がなければ保証料を定めて、保証料の支払いが行われることで連帯保証人になってくれます。保証期間は賃貸借契約の期間が多く1年から2年程度になります。保証料は相場としては年間で家賃1ヶ月から2ヶ月分ですが会社によって大きく変わるので注意が必要です。なお、賃料を滞納した場合には、賃貸保証会社が代わりに支払ってくれますが、支払った賃料は保証料とは別に滞納者が保証会社に支払わなければいけません。